タカショーの雑多な部屋

鷹角彰来(たかずみ・しょうき)の趣味に生きる部屋

【お詫び】ヒゲダンの「pretender」は平成ソングでした……

 先日の『令和に活躍する若手アーティストが選ぶ“最強平成ソングベスト30』を見て、衝撃(?)の事実が発覚しました。

 

 Official髭男dismの「pretender」がランクインしてる!?

 

 前回の記事で最強令和ソングベスト100に「pretender」入れてたので、慌てて削除してランキングを修正。

 

showtakasugi.hatenablog.jp

 

 何でこんな間違いが起きたかと言うと、「pretender」のCD発売日は令和だけど、音楽配信が平成だったので、ギリギリで平成ソングにされてたようです。

 もう令和ソングでええやないの~。

 

www.youtube.com

 

 

 ちなみに、LiSAの「紅蓮華」も、CD発売日は令和ですが、平成に先行配信されてるため、平成ソングに分類されます。

 

www.youtube.com

 

 

 そういえば、King Gnuの「白日」も平成の終わりだったよな。

 平成の末に名曲続出か。

 

www.youtube.com

 

 

 このままだと、記事短くなるなぁ。

 というワケで、新たな説を出します。

  

 

 20年周期(1978年・1998年・2018年)で、日本の音楽シーンに大きな変化が訪れてる説

 

 1978年は、サザンオールスターズが「勝手にシンドバッド」でデビューした年です。某氏曰く、この曲のヒット以降、日本の曲のテンポは速くなったらしいです。ホンマかいな。まぁ、この頃からニュー・ミュージックが台頭してるのは間違いないね。

 

 1998年は、宇多田ヒカルが「Automatic」でデビューした年です。英語交じりのR&Bを歌う彼女は瞬く間にブームになり、デビューアルバムが765万枚も売れる不滅の記録を樹立します。彼女の登場以降、R&Bは日本の音楽シーンに欠かせないジャンルとなり、MISIA小柳ゆき、倉木麻衣などがヒットを飛ばすことに。

 

 2018年は、今回の記事に出てきたOfficial髭男dismがメジャーデビューし、King Gnuが初のシングルCDを出した年です。彼らの出現以降、やけに歌うのが難しい曲が増えた気がする。

 

 この説が正しければ、2038年が楽しみですね?