タカショーの雑多な部屋

鷹角彰来(たかずみ・しょうき)の趣味に生きる部屋

【パワプロ2021マイライフ】10年間のオリキャラの通算成績ランキング&能力

 いつもマイライフのシーズンが終わったら、シーズンの総括をしますが、今回はオリキャラ達がどんな成績を残したかを見ていきます。10年の節目なんでね。

 

・勝利数

1位 水宮 176勝

2位 マンティス・ガール 146勝

3位 天塩 142勝

 

f:id:showtakasugi:20210924141224j:plain

水宮塁

 阪神の大エース・水宮君は毎年のように貯金を稼ぎ、タカショーが去った後はセ・リーグを代表するピッチャーになりました。

 ストレートは152キロから159キロにアップし、重い球低め〇がついてますね。

 

f:id:showtakasugi:20210924141625j:plain

マンティス・ガール

 マンティス・ガールちゃんは2年連続最多セーブ王を獲得した後、3年目から先発に転向してます。水宮と比べて2年分の遅れ、オリックスというハンデがあるので、実質的なオリキャラ最多勝投手かもしれませんね。

 

 ストレートが137キロから143キロになり、新しくフォークを覚えているので、打ちにくいピッチャーになってます。

 

f:id:showtakasugi:20210924141844j:plain

天塩城治

 天塩君はコントロールがB77からA80、スタミナがA83からS91になり、毎試合完投できる投手に成長しました。タカショーセ・リーグに戻らない内は、水宮と激しいタイトル争いを繰り広げるでしょう。

 

奪三振

1位 水宮 2035奪三振

2位 リザードマン 1835奪三振

3位 天塩 1820奪三振

 

f:id:showtakasugi:20210924142244j:plain

リザードマン

 2位にランクインしたリザードマンは球速が161から170キロになり、ますます人外味が増しました。こんなクソ速いボール持ってても防御率3点台って、セ・リーグのバッターは宇宙人かな?

 

 

防御率

1位 水宮 2.06

2位 マンティス・ガール 2.11

3位 天塩 2.35

 

 投手三部門は、抜群の安定感を誇る水宮君が制しました。おめでとうございます。

 

・ホールド

1位 デビッド真池 332ホールドポイント

 

f:id:showtakasugi:20210924142607j:plain

デビッド真池

 1年目に覚醒し、不動の中継ぎエースとして活躍したデビッド真池さん。

 9年目からは抑えに転向したため、ホールド数は伸び悩みそうですね。

 さらにスタミナがDになって先発属性がついたので、チーム事情によっては先発転向するかも?

 

・セーブ

1位 取塚 295セーブ

2位 デビッド真池 79セーブ

3位 マンティス・ガール 75セーブ

 

 取塚投手の能力はあまり変わってません。

showtakasugi.hatenablog.jp

 

 阪神時代はセーブ機会に恵まれなかったので巨人に移籍してセーブ王になったものの、10年目は登板数0。故障しちゃったみたいですね。巨人ファンから年俸泥棒と呼ばれないために、11年目は是非とも頑張ってほしいです。

 

 

 今度は打者部門だぁ!

 

 

・打率

1位 本賀 .337

2位 山科 .327

3位 ツルオリ .326

 

f:id:showtakasugi:20210924143421j:plain

本賀好子

 意外や意外。代打の神様・本賀が1位。昨年は不振に陥ったものの、まだ3割3分あります。バースにあと1厘差のシーズン打率を残したこともあるので、凄い。

 打者としての能力は変化ないんですが、初球〇チャンスメーカーが打率を押し上げる要因になってるんですかね。

 

f:id:showtakasugi:20210924143708j:plain

山科時久

 ミートがB70からB79に伸び、粘り打ち広角打法選球眼を覚えて安定感が増しました。

 

f:id:showtakasugi:20210924143926j:plain

ラーメス・ツルオリ

 超晩成タイプにしたので、まだ伸びしろがある恐ろしいバッター。毎年トリプルスリーに近い成績を残します。

 

・安打

1位 浦間 1953安打

2位 ツルオリ 1951安打

3位 宅部 1869安打

 

f:id:showtakasugi:20210924144253j:plain

浦間千夜子

 安打製造機を持つものの、首位打者を獲ったのは1回。ただ毎年ヒット数を量産するので、安打製造機は打率を上げるより、ヒット本数を増やす能力かも?

 

f:id:showtakasugi:20210924144502j:plain

宅部カオル

 浦間と同じ安打製造機持ちながら、打率2割台になるシーズンもあった宅部さん。

 打率上位3人はミート能力を上げる特能が多いので、それが通算打率の差になったのか?

 

 

本塁打

1位 金藤 405本

2位 鰐部 378本

3位 マンティコア 366本

 

f:id:showtakasugi:20210924144850j:plain

金藤正太

 王貞治の通算868本塁打更新が狙える金藤。逆境〇がついて、頼れる4番になりました。チャンスEで併殺持ちですが、毎年のように30本100打点以上の数字を残します。

 

f:id:showtakasugi:20210924145127j:plain

鰐部大硫

 金藤より特能の数は多いものの、アベレージヒッターが邪魔して2位に。 

 

f:id:showtakasugi:20210924145349j:plain

マンティコア

 マンティコアのミートがD50からD59に成長し、打率も上がってきました。ミートの成長次第では金藤・鰐部よりホームランを量産しそうです。

 

 

・打点

1位 金藤 1324打点

2位 鰐部 1271打点

3位 東村山 1178打点

 

f:id:showtakasugi:20210924145604j:plain

東村山

 オールSの安定感は打点に反映。
 2027年には小鶴誠を越える168打点を記録。パワーヒッターを獲得したことで、ホームラン王争いにも参戦しそう。

 

・盗塁

1位 千井田 574盗塁

2位 ツルオリ 427盗塁

3位 津灯 395盗塁

 

f:id:showtakasugi:20210924145943j:plain

千井田純子

 ミートがB70からB75、パワーがD50からC60に増えたことで、出塁機会も増えた千井田さん。タカショーにレギュラーを奪われた1シーズンをのぞけば、ほぼ全試合出場してるのも魅力的。

 

 津灯ちゃんはほぼ同じ能力でした。

showtakasugi.hatenablog.jp

 

 盗塁Aじゃなくても、出塁数が多いバッターで積極盗塁持ちだと盗塁数が増えるんかなぁ。

 

 

 また10年後には、皆がどんな数字を残してるか、楽しみですねー。