タカショーの雑多な部屋

鷹角彰来(たかずみ・しょうき)の趣味に生きる部屋

国立玉一郎(パワプロ2022再現選手)野球狂の詩

選手名:国立 玉一郎(くにたち・たまいちろう)

守備位置:三塁手(遊撃手)

背番号:29

誕生日:不明

投打:右投右打

経歴:白新高校(?)→東京メッツ(71年?ドラフト1位)→新潟ドルフィンズ(12年)

獲得タイトル:本塁打王(73年)

 

 

 

 

パワナンバー:11000 81142 12976

 

 歌舞伎の名門国立屋の7代目の女形役者で、入団当初は国分寺球場限定の出場だった。

 1973年は50ホーマーを放ち、王貞治とホームラン王を分かち合うほどのパワーを誇るスラッガー藤娘。また、打率も高く、1974年は10月時点で打率.325、1990年は8月末までに.327である。

 強打としなやかな守備で不動の4番サードとして活躍した。

 ドリームトーナメント編では代打からショートを守り、サードと変わらぬ好守備を見せた。

 

 

 村神様とホームラン王争いさせるため、青得やアーチストエースキラーを付けました。それでも村神様本家より青得が少ない……。

 

 

 そんな国立を巨人のショートとして使うと

 

 

 打率は低いものの、ホームラン王まであと1本、打点王という活躍で、見事に巨人の優勝に貢献した。ショートのあなを埋めたと言えよう。